2010年代の主演女優賞

受賞者 ノミネート
2018 <ミュージカル部門>

カトリーナ・レンク「迷子の警察音楽隊」
  • ローレン・アンブローズ「マイ・フェア・レディ」
  • ハイレイ・キルゴア「アイランド」
  • ラチャンゼ「サマー:ザ・ドナ・サマー・ミュージカル」
  • テイラー・ルーダーマン「ミーン・ガールズ」
  • ジェシー・ミューラー「回転木馬」
<演劇部門>

グレンダ・ジャクソン「幸せの背くらべ」
  • コンドラ・ラッシャッド「聖女ジョウン」
  • ローレン・ライドロフ「愛は静けさの中に」
  • エイミー・シューマー「メテオ・シャワー」
2017 <ミュージカル部門>
ベット・ミドラー「ハロー・ドーリー!」
  • デニー・ベントン「ナターシャ、ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」
  • クリスティン・エバーソール「ウォー・ペイント」
  • パティ・ルポーン「ウォー・ペイント」
  • エヴァ・ノブルザダ「ミス・サイゴン」
<演劇部門>
ローリー・メトカーフ「人形の家 パート2」
  • ケイト・ブランシェット「ザ・プレゼント」
  • ジェニファー・イーリー「オスロ」
  • サリー・フィールド「ガラスの動物園」
  • ローラ・リニー「子狐たち」
2016 <ミュージカル部門>
シンシア・エリヴォ「カラーパープル」
  • ローラ・ベナンティ「シー・ラヴズ・ミー」
  • カルメン・キューザック「ブライト・スター」
  • ジェシー・ミューラー「ウェイトレス」
  • フィリッパ・スー「ハミルトン」
<演劇部門>
ジェシカ・ラング「夜への長い旅路」
  • ローリー・メトカーフ「ミザリー」
  • ルピタ・ニョンゴ「イクリプスト」
  • ソフィー・オコネドー「るつぼ」
  • ミシェル・ウィリアムズ「ブラックバード」
2015 <ミュージカル部門>
ケリー・オハラ「王様と私」
  • クリスティン・チェノウェス「20世紀号に乗って」
  • リアン・コープ「巴里のアメリカ人」
  • ベス・マローン「ファン・ホーム」
  • チタ・リヴェラ「ザ・ビジット」
<演劇部門>
ヘレン・ミレン「ザ・オーディエンス」
  • ジェニーヴァ・カー「ハンド・トゥ・ゴッド」
  • エリザベス・モス「ザ・ハイジ・クロニクルズ」
  • キャリー・マリガン 「スカイライト」
  • ラス・ウィルソン「星ノ数ホド」
2014 <ミュージカル部門>
ジェシー・ミューラー「ビューティフル - ザ・キャロル・キング・ミュージカル」
  • メアリー・ブリジット・デイヴィス「ナイト・ウィズ・ジャニス・ジョプリン」
  • サットン・フォスター「バイオレット」
  • イディナ・メンゼル「イフ・ゼン」
  • ケリー・オハラ「マディソン郡の橋」
<演劇部門>
オードラ・マクドナルド「レディ・デイ」
  • ラターニャ・リチャードソン・ジャクソン「ア・レーズン・イン・ザ・サン」
  • タイン・デイリー「マザーズ・アンド・サンズ」
  • チェリー・ジョーンズ「ガラスの動物園」
  • エステル・パーソンズ「ザ・ベロシティ・オブ・オータム」
2013 <ミュージカル部門>
パティナ・ミラー「ピピン」
  • ステファニー・J・ブロック「エドウィン・ドルードの謎」
  • キャロリー・キャーメロ「スキャンダラス」
  • ヴァリシラ・ルケー「モータウン・ザ・ミュージカル」
  • ローラ・オスネン「シンデレラ the ミュージカル「ロジャース&ハマースタイン」」
<演劇部門>
シシリー・タイソン「バウンティフルへの旅」
  • ローリー・メトカーフ「ジ・アザー・プレイス」
  • エイミー・モートン「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」
  • クリスティン・ニールセン「ヴァーニャ・アンド・ソニア・アンド・マーシャ・アンド・スパイク」
  • ホランド・テイラー「アン」
2012 <ミュージカル部門>
オードラ・マクドナルド「ガーシュウィンの『ポーギーとベス』」
  • ジャン・マクスウェル「フォーリーズ」
  • クリスティン・ミリオーティ「ワンス」
  • ケリー・オハラ「ナイス・ワーク・イフ・ユー・キャン・ゲット・イット」
  • ローラ・オズネズ「ボニー&クライド」
<演劇部門>
ニーナ・アリアンダ「ヴィーナス・イン・ファー」
  • トレイシー・ベネット「虹の彼方に」
  • リンダ・ラヴィン「リオン家」
  • シンシア・ニクソン「ウィット」
2011 <ミュージカル部門>
サットン・フォスター「エニシング・ゴーズ」
  • ベス・リーヴェル「ベイビー・イッツ・ユー」
  • パティナ・ミラー「シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~」
  • ドナ・マーフィ「ザ・ピープル・イン・ザ・ピクチャー」
<演劇部門>
フランシス・マクドーマンド「グッド・ピープル」
  • ニーナ・アーランダ「ボーン・イエスタデイ」
  • リリー・レーブ「ヴェニスの商人」
  • ヴァネッサ・レッドグレイヴ「ドライビング Miss デイジー」
  • ハンナ・イェランド「ブリーフ・エンカウンター」
2010 <ミュージカル部門>
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ「リトルナイト・ミュージック」
  • ケイト・ボールドウィン「フィニアンの虹」
  • モンテゴ・グローヴァー「メンフィス」
  • クリスティアン・ノール「ラグタイム」
  • シェリー・レナ・スコット「エブリデイラプチャー」
<演劇部門>
ヴァイオラ・デイヴィス「フェンス」
  • ヴァレリー・ハーパー「ループ」
  • リンダ・ラヴィン「コレクテッド・ストーリーズ」
  • ローラ・リニー「タイム・スタンド・スティル」
  • ジャン・マクスウェル「ロイヤル・ファミリー」

2000年代の主演女優賞

受賞者 ノミネート
2009 <ミュージカル部門>
アリス・リプリー「ネクスト・トゥ・ノーマル」
  • ストッカード・チャニング「パル・ジョーイ」
  • サットン・フォスター「シュレック」
  • アリソン・ジャニー「9時から5時まで」
  • ホセフィナ・スキャグリオーン「ウェスト・サイド・ストーリー」
<演劇部門>
マーシャ・ゲイ・ハーデン「ゴッド・オブ・カーネイジ」
  • ホープ・デイヴィス「ゴッド・オブ・カーネイジ」
  • ジェーン・フォンダ「33 ヴァリエーションズ」
  • ハリエット・ウォルター「メアリー・スチュアート」
  • ジャネット・マクティア「メアリー・スチュアート」
2008 <ミュージカル部門>
パティ・ルポン「ジプシー」
  • ケリー・バトラー「ザナドゥ」
  • ケリー・オハラ「南太平洋」
  • フェイス・プリンス「ケイタード・アフェア」
  • ジェナ・ラッセル「ジョージの恋人」
<演劇部門>
デイアナ・ダナガン「8月の家族たち」
  • エヴァ・ベスト「帰郷」
  • ケイト・フリートウッド「帰れ、いとしのシーバ」
  • エイミー・モートン「8月の家族たち」
2007 <ミュージカル部門>
クリスティン・エバーソール「グレイ・ガーデンズ」
  • ローラ・ベル・バンディ「キューティ・ブロンド」
  • オードラ・マクドナルド「110イン・ザ・シェイド」
  • デブラ・モンク「カーテン」
  • ドナ・マーフィー「ラヴムジーク」
<演劇部門>
ジュリー・ホワイト「リトル・ドッグ・ラフト」
  • イヴ・ベスト「日陰者に照る月」
  • スウージー・カーツ「傷心の家」
  • アンジェラ・ランズベリー「デュース」
  • ヴァネッサ・レッドグレーヴ「イヤー・オブ・マジカル・シンキング」
2006 <ミュージカル部門>
ラチャンズ「カラー・パープル」
  • サトン・フォスター「ドロウジー・チャペロン」
  • パティ・ルポン「スウィニー・トッド」
  • ケリー・オハラ「パジャマ・ゲーム」
  • チタ・レイベラ「ダンサーズ・ライフ」
<演劇部門>
シンシア・ニクソン「ラビット・ホール」
  • ケイト・バートン「コンスタント・ワイフ」
  • ジュディ・ケイ「スーヴェニアー」
  • リサ・クロン「ウェル」
  • リン・レッドグレーヴ「コンスタント・ワイフ」
2005 <ミュージカル部門>
ヴィクトリア・クラーク「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」
  • クリスティナ・アップルゲイト「スイート・チャリティー」
  • エリン・ディリー「チキ・チキ・バン・バン」
  • サットン・フォスター「若草物語」
  • シェリー・レナ・スコット「ペテン師とサギ師」
<演劇部門>
チェリー・ジョーンズ「ダウト」
  • ローラ・リニー「サイト・アンシーン」
  • メアリー=ルイーズ・パーカー「レックレス」
  • フィリシア・ラッシャッド「海の宝石」
  • キャスリーン・ターナー「ヴァージニア・ウルフなんてこわくない?」
2004 <ミュージカル部門>
イディナ・メンゼル「ウィキッド」
  • クリスティン・チェノウェス「ウィキッド」
  • ステファニー・ダブラゾ「アベニューQ」
  • ドナ・マーフィ「ワンダフル・タウン」
  • トンヤ・ピンキンズ「キャロラインと引き換えに…」
<演劇部門>
フィリシア・ラッシャッド「日なたの干しぶどう」
  • アイリーン・アトキンス「モスクワからの退却」
  • トバ・フェルドシュ「ゴルダのバルコニー」
  • アン・ヘッシュ「20世紀号に乗って」
  • スージー・カーツ「フローズン」
2003 <ミュージカル部門>
マリッサ・ジャレット・ウィノクール「ヘアスプレー」
  • メリッサ・エリコ「アムール」
  • メアリー・エリザベス・マストラントニオ「ラ・マンチャの男」
  • エリザベス・パーキンソン「ムービンアウト」
  • バーナデット・ピーターズ「ジプシー」
<演劇部門>
ヴァネッサ・レッドグレイヴ「夜への長い旅路」
  • ジェイン・アトキンソン「魅せられて4月」
  • ヴィクトリア・ハミルトン「ジョー・エッグの死の一日」
  • クレア・ヒギンズ「ヴィンセント・イン・ブリクストン」
  • フィオナ・ショウ「メデア」
2002 <ミュージカル部門>
サットン・フォスター「モダン・ミリー」
  • ルイーズ・ピトレ「マンマ・ミーア!」
  • ヴァネッサ・ウィリアムス「イントゥ・ザ・ウッズ」
  • ナンシー・オペル「ユーリンタウン」
  • ジェニファー・ローラ・トンプソン「ユーリンタウン」
<演劇部門>
リンゼイ・ダンカン「私生活」
  • ケイト・バートン「ヘッダ・ガーブレル」
  • ローラ・リニー「るつぼ」
  • ヘレン・ミレン「死の舞踏」
  • マーセデス・ルール「ゴート・オア・フー・イズ・シルビア?」
2001 <ミュージカル部門>
クリスティン・エバーソール「42番街」
  • ブライス・ダナー「フォリーズ」
  • ランディー・グラフ「クラス・アクト」
  • フェイス・プリンス「ベルが鳴っている」
  • マーラ・シャフェル「ジェーン・エア」
<演劇部門>
メアリー=ルイーズ・パーカー「プルーフ」
  • ジュリエット・ビノシュ「背信」
  • リンダ・ラヴィン「テール・オブ・アラージスツ・ワイフ」
  • ジーン・スマート「晩餐に来た男」
  • レスリー・アガムズ「キング・ヘドレー2世」
2000 <ミュージカル部門>
ヘザー・ヘッドリー「アイーダ」
  • トニ・コレット「ザ・ワイルド・パーティ」
  • レベッカ・ルーカー「ザ・ミュージック・マン」
  • マリン・マジー「キス・ミー、ケイト」
  • オードラ・マクドナルド「マリー・クリスティーン」
<演劇部門>
ジェニファー・イーリー「ほんもの」
  • ジェイン・アトキンソン「雨乞い師」
  • ローズマリー・ハリス「舞台のそでで待ちながら」
  • チェリー・ジョーンズ「日陰者に照る月」
  • クローディア・シアー「ダーティ・ブロンド」

1990年代の主演女優賞

受賞者 ノミネート
1999 <ミュージカル部門>
バーナデット・ピータース「アニーよ銃をとれ」
  • キャロリー・カーメロ「パレード」
  • ディー・ホーティ「フットルース」
  • シアン・フィリップス「マレーネ」
<演劇部門>
ジュディ・デンチ「エイミィズ・ビュー」
  • ストッカード・チャニング「冬のライオン」
  • マリアン・セルデス「リング・ラウンド・ザ・ムーン」
  • ゾイ・ワナメイカー「エレクトラ」
1998 <ミュージカル部門>
ナターシャ・リチャードソン「キャバレー」
  • ベティ・バックリー「トライアンフ・オブ・ラヴ~愛の勝利」
  • マリン・マッズィー「ラグタイム」
  • アリス・リプリーとエミリー・スキナー「サイド・ショー」
<演劇部門>
マリ-・ミュレン「ビューティー・クイーン・オブ・リーナン」
  • ジェーン・アレクサンダー 「オナー」
  • アリソン・ジェイニー「橋からの眺め」
  • ジェラルディーン・マキューアン「チェアーズ」
1997 <ミュージカル部門>
ビビ・ニューワース「シカゴ」
  • パメラ・アイザックス「ザ・ライフ」
  • トーニャ・ピンキンス「プレイ・オン!」
  • カレン・ジエンバ「スティール・ピア」
<演劇部門>
ジャネット・マクティアー「人形の家」
  • ジュリー・ハリス「ジン・ゲーム」
  • シャーリー・ナイト「アトランタから来た若い男」
  • リア・ウィリアムズ「スカイライト」
1996 <ミュージカル部門>
ドナ・マーフィー「王様と私」
  • クリスタ・ムーア「ビッグ ザ・ミュージカル」
  • ダフネ・ルービン=ヴェガ「レント」
  • ジュリー・アンドリュース「ビクター/ビクトリア」
<演劇部門>
ゾー・コールドウェル「マスター・クラス」
  • キャロル・バーネット「ムーン・オーバー・バッファロー」
  • ローズマリー・ハリス「デリケートなバランス」
  • エレイン・ストリッチ「デリケートなバランス」
1995 <ミュージカル部門>
グレン・クローズ「サンセット大通り」
  • レベッカ・ルーカー「ショウ・ボート」
<演劇部門>
チェリー・ジョーンズ「女相続人」
  • メアリー・アリス「ハビング・アワー・セイ」
  • アイリーン・アトキンス「インディスクレーション」
  • ヘレン・ミレン「田園の出来事」
1994 <ミュージカル部門>
ドナ・マーフィー「パッション」
  • スーザン・イーガン「美女と野獣」
  • ディー・ホッティ「ベスト・リトル・ホアハウス・ゴーズ・パブリック」
  • ジュディ・キューン「シー・ラヴズ・ミー」
<演劇部門>
ダイアナ・リグ「メディア」
  • ナンシー・マーシャン「ブラック・コメディ」
  • ジョーン・リヴァーズ「サリー・マン・アンド・ハー・エスコーツ」
  • アンナ・ディーヴァー・スミス「トワイライト:ロサンゼルス1992」
1993 <ミュージカル部門>
チタ・リヴェラ「蜘蛛女のキス」
  • アン・クラム「アンナ・カレーニナ」
  • ステファニー・ローレンス「ブラッド・ブラザース」
  • バーナデット・ピーターズ「グッバイ・ガール」
<演劇部門>
マデリーン・カーン「シスターズ・ローゼンツヴァイク」
  • ジェーン・アレクサンダー「シスターズ・ローゼンツヴァイク」
  • リン・レッドグレーブ「シェークスピア・フォー・マイ・ファザー」
  • ナターシャ・リチャードソン「アンナ・クリスティー」
1992 <ミュージカル部門>
フェイス・プリンス「野郎どもと女たち」
  • ジョディ・ベンソン「レイジー・フォー・ユー」
  • ジョージ・デ・グスマン「野郎どもと女たち」
  • ソフィ・ヘイデン「ザ・モスト・ハッピー・フェロー」
<演劇部門>
グレン・クローズ「死と処女」
  • ジェーン・アレクサンダー「ヴィジット」
  • ストッカード・チャニング「フォー・バブーン・アドリング・ザ・サン」
  • ジュディス・アイビー「パーク・ユア・カー・イン・ハーバード・ヤード」
1991 <ミュージカル部門>
リア・サロンガ「ミス・サイゴン」
  • ジューン・アンジェラ「将軍 SHOGUN」
  • ディー・ホッティ「ウィル・ロジャース・フォーリーズ」
  • キャシー・リグビー「ピーター・パン」
<演劇部門>
マーセデス・ルール「ロスト・イン・ヨンカーズ」
  • ストッカード・チャニング「六次の隔たり」
  • ジュリー・ハリス「ルシファーズ・チャイルド」
  • チェリー・ジョーンズ「我らが祖国のために」
1990 <ミュージカル部門>
タイン・デイリー「ジプシー」
  • ジョージア・ブラウン「三文オペラ」
  • ベス・ファウラー「スウィーニー・トッド」
  • リリアン・モンテヴェッキ「グランドホテル」
<演劇部門>
マギー・スミス「レティスとラベッジ」
  • ジェラルディン・ジェームズ「ヴェニスの商人」
  • メアリー=ルイーズ・パーカー「キスへのプレリュード」
  • キャスリーン・ターナー「熱いトタン屋根の猫」